2019年03月18日

スマートウォッチについて

以前から欲しかったスマートウォッチを購入しました。
年末から、FOSSILの廉価版が3万弱でアメリカで販売されているというので、日本発売を期待していたのですが、日本では、38000円と大幅に高い。
あきらめていたのだか、Amazonのタイムセールで、AndriodのWearOSで、22000円で販売されているのがあった。
Ticwatchという中国製なのだが、メーカーを調べてみても、それほど評判も悪くなく、電池の持ちもいいようだ。AndriodのスマートウォッチはWearOSが電池食いで、ほかの独自OSを選択しているものもあるのだが、アプリなど豊富さや、KNOWHOWの蓄積がすくないのが問題。
現状かったばかりなので、使い込んではいないが、スマートフォンのように、アプリが豊富ではないが、何とか使えている。
それと分かったのだが、スマホとの接続は、Wifi接続よりbluetooth接続の方が電池の持ちがいいようです。
活動量計としても使えるけれど、やはり装着して軽い活動量計専用のものがいいようです。
posted by デジテク at 15:25| Comment(0) | スマートフォン
この記事へのコメント