2008年10月01日

仮想化の時代

現在、コンピュータの進化は著しく、高速なCPU、大量の記憶領域をもったハードディスク、OSの64ビット化など進化しています。

今までのサーバーを、最新のサーバーに置き換えることによって、処理能力は格段にアップし、処理能力が余っている状況にもなります。
CO2排出削減などで、省エネルギーが推進され、努力している企業はそれをPRするようにもなっています。

コンピュータも2代のサーバーを1代にまとめることができれば、省エネルギーになるでしょう。
これを実現する手法として、仮想化が進んできています。

これは、1台のコンピュータを2台以上に見せる技術であり、さまざまなメリットがあります。
省エネルギーや、システムの柔軟性を高めることができるようになります。

サーバーを複数台、自社で運用されている方は、是非検討してください



posted by デジテク at 10:13| Comment(0) | コンピュータ
この記事へのコメント