2016年03月25日

Win8/10 の ブロードバンド接続 をPC起動時に自動的に接続する方法

Win 8 / 8.1 の 広帯域接続/ブロードバンド接続 をPC起動時に自動的に接続する方法

自動で接続しないようなので、こんな方法があるようです
http://nw-knowledge.blogspot.jp/2015/03/win8.1-os-pppoe-startup.html
posted by デジテク at 10:15| Comment(0) | コンピュータ

2015年10月22日

windows.oldを削除する

windows7,8から10にアップデートすると、旧windowsへ復帰できるように、
起動ドライブ(C:)にwindows.oldというフォルダができます。
ただ、このドライブに容量が少ない場合、windowsが遅くなる弊害がありますので、
windows10がつかえることで確認できたなら、削除してしまいましょう。

削除方法は、以下を参考に!
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1508/18/news033.html
posted by デジテク at 16:46| Comment(0) | コンピュータ

2015年06月15日

デフラグしてもいいの? SSDの“都市伝説”を解説!

普及しているSSDの“都市伝説”を解説!
今のSSDは、過去のSSDとは違うようです。
記事は、こちら
http://ascii.jp/elem/000/001/018/1018193/
posted by デジテク at 16:57| Comment(0) | コンピュータ

2014年12月02日

インク(ヘッド)はなぜ詰まる?

インクジェットプリンタを使わないで、いると、インクが詰まってきれいに印刷できなくなった経験をした人はいると思います。
では、なぜインクヘッドは詰まってしまうのでしょう。
乾燥によりヘッドが詰まっているのではないようです。
主な要因は、インク内に泡が発生して、インクを押し出す圧力を吸収してでなくなっているようです。
これでは、泡を除去しないとインクはでてこないですね。
参照元:http://www.geocities.jp/va_nyan/inkseibun2.html
posted by デジテク at 16:10| Comment(0) | コンピュータ

2013年04月18日

Windows8にスタートメニューを取り戻す

Windows8で、UIの大きな変更に戸惑い使いにくさを感じている方も多いはず。

なぜ、いままでのスタートメニューがなくなったのか?
マウスをウインドウの端にもっていくとあらわれるメニューはレスポンスも悪くて使いずらいしわかりにくい。

このWindows8に以前のスタートメニューと同等の機能を追加するソフトがあります。
Start Menu 8

やっぱり、Windowsにはスタートメニューは必要でしょう。
次期、WIndowsではスタートメニューも復活するうわさもあり、それまでは、これでしのぎましょう
タグ:Windows8
posted by デジテク at 13:48| Comment(0) | コンピュータ

2013年03月15日

Windows8 リモートデスクトップ

Windows8 リモートデスクトップでの注意点

Windows8をリモートデストップのホストとして動作する際、認証のチェックに注意が必要です。
ネットワークレベルでの認証をチェックすると他のWIndowsバージョンで認証されないようです。

画像のようにチェックを外しておくと、Windows7,Vistaとうから、アクセスできます。


1.png

posted by デジテク at 17:07| Comment(0) | コンピュータ

2013年02月26日

WIndows8 フォルダ共有

WIndows8でのフォルダ共有の設定
Lan内で使用するため、パスワードなどの要求をなくす
syare1win8.jpg
share2win8.jpg

posted by デジテク at 09:03| Comment(0) | コンピュータ

2013年02月07日

マザーボード交換

1台のコンピュータが故障。
電源スイッチを入れても電源が入らない。
どこが悪いのか調査。
電源ボックスの調査、他のコンピュータのものと入れ替えても正常。
マザーボードなのか?電源自体が入らないのでBIOSもへったくれもない。

クアッドコアの比較的新しいコンピュータなので、捨てるのは惜しいので修理に取り掛かる
マザーボードを調達して、交換。
電源がはいった。
CPU、メモリ、ハードディスクは、そのまま使用したので、
マザーボード代、5000円の出費で1台のコンピュータが復旧。

ハードディスクはそのまま使ったが、WIndowsは起動したので環境はそのまま使えた。
ドライバ関係の更新をする必要はあり。


posted by デジテク at 16:35| Comment(0) | コンピュータ

2012年11月06日

SSDによるパフォーマンスアップ

主力マシンが、ちょっと調子がおかしくなっているようなので、
この際にHDDをSSDによるパフォーマンスアップをしました。

SSDとは、メモリチップで構成されたハードディスクの互換ドライブで、
高速化が図れます。
SATA3の対応では6Gbpsの速度。HDDでは最高速で6Gbpsになるのですが、SDDでは、ほぼ最高速の状態で稼働します。
SATA2の1.5Gでもかなり早いはずです。

ハードディスクのパーティションのクローンをSDD作成し、HDDを入れ替えるという作業。
仕様ソフトは、EaseUS Partition Master,Ease Backup???というソフト。

体感速度は、30%程早くなった気分。メモリの増設よりも効果は感じられますのでお勧め

※ドライブを交換した場合、システムの保護が無効になっている場合があります。この場合復元ポイントが作成されませんので注意
posted by デジテク at 11:43| Comment(0) | コンピュータ

2012年04月26日

WIndows7のパフォーマンスアップ

WIndows7のパフォーマンスアップについて

マイクロソフトのホームページに、Windows7の最適化についての記事があります。
以下のページですのでご参考まで

http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Optimize-Windows-7-for-better-performance
posted by デジテク at 08:30| Comment(0) | コンピュータ

2012年04月13日

Windows7 起動時にパスワードの入力を省略する

Windows 7 起動時にパスワードの入力を省略する





パスワードを設定したパソコンでは、起動時にパスワードを入力しないとログオン、使用できません。いちいちログオン時にパスワードの入力をするのが煩わしく思う場合は、起動時のログオンでパスワードの省略ができます。

ただし、この場合は自分専用で使用しているパソコンが基本になります。パソコン内に複数のユーザーが存在する場合、起動時には自動でログオンできる設定をした、ユーザーでログオンしますので、極端に言うと他のユーザーも、そのユーザーのデスクトップ(ユーザー専用にカスタマイズされた様々なデーター)を使用することができてしまいます。

複数のユーザーが使用しているパソコンでは、この設定はやめておくべきでしょう。




1. [スタート]−[ファイル名を指定して実行] をクリックします。

コントロールパネルを開く




[ファイル名を指定して実行] が見当たらない場合

[スタート]右クリック →[プロパティ] をクリックします。

スタート プロパティ



[カスタマイズ]をクリックします。

タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ


[ファイル名を指定して実行]にチェックマークを付け、[OK]をクリックします。

タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ のウインドも[OK]をクリックし閉じます。これで[ファイル名を指定して実行] がスタートメニューに追加されます。

スタートメニューのカスタマイズ









2.名前の欄に「control userpasswords2」 と入力し[OK]をクリックし、ユーザーアカウントウインドを開きます。

ファイル名を指定して実行




3.「このコンピューターのユーザー」のフレーム内にて、自動ログインしたいユーザーを選択します。

「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックマークをは外します。作業を確認し、間違えがなければ「OK」をクリックします。


ユーザーアカウント




4.「パスワード」「パスワードの確認入力」に同じパスワードを入力して、「OK」をクリックして完了です。次回の起動より、パスワードの入力が省略されます。

「パスワードは必ず入力してください」ここで入力するパスワードは、現在使用しているパスワードが良いでしょう。設定済みのパスワード以外でもかまいませんが、そのさい現在使用しているパスワードは破棄され、今後ここで入力設定したパスワードに変更されます。
パスワード入力画面







注意:

「パスワードは必ず入力してください」パスワード入力せず空白のまま設定を終了し再起動すると、管理者制限が無くなりユーザーの権限のみでしかパソコンが利用できなくなる場合があります。
もし管理制限がなくなった場合は以下の方法で回復できる場合もあります。


PCをセーフモードで起動します。



通常のようにログオンします。



シャットダウンではなく「ログオフ」する



「ログオフ」をしたら「Administrator」で再度ログインする



自動ログオンの設定と同じように「ファイル名を指定して実行」にて control userpasswords2 を入力して「OK」をクリック。



(自動ログオンの設定解除)

プロパティ → グループメンバーシップと進み

「管理者」にチェックマークを付ける。

「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名とパスワードが必要」にチェックマークを付ける。

パスワードの入力要求があれば、パスワードを入力する。



再起動し、先ほど入力したパスワードでログオン。


NOTE:
コントロールパネルのアカウントユーザー及び、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」のメニューなどからパスワードを変更しても、「自動ログオン」へのパスワードの変更は反映されません。

この「自動ログオン」の設定をした状態で、コントロールパネルのアカウントユーザー及び、「Ctrl」+「Alt」+「Delete」のメニューなどからパスワードを変更した場合、次回起動時に「ユーザー名またはパスワードが正しくありません」と表示され、パスワードの入力を求められるようになります。「自動ログイン」を設定したい場合は、再度このページの設定をする必要があります。



posted by デジテク at 16:51| Comment(0) | コンピュータ

2012年03月09日

バーテリーの抜き差しで起動できた

修理依頼案件

ノートパソコンの電源が入らない。

○症状
しばらく使っていなかったのでバッテリーがなくなっていおると思い電源コードを
挿してはいるのだが電源が入らない

○対策
ノートパソコンは、基本的に電池がなくても電源コードがつながっていると電池がなくても起動するはずです。
(そうではない機種もあるかもしれませんが)
電池パックを取り外して電源ボタンを入れてもてください。
起動した場合は、電池パックをいれて、起動してみてください。
起動すれば、そのままご使用ください。

それでも起動しない場合は、修理が必要

MACBOOKでは、秘密の方法で起動時の処理をリセットする方法があるようです。
筆者の実経験より
posted by デジテク at 17:20| Comment(0) | コンピュータ

2010年01月07日

Windows7 勝手なウインドウ最大化を無効に

Windows7を導入して、数か月になるが、日常操作していて、もっともわずらわしい機能が、勝手に、ウインドウの最大化される機能である。

最大化されてしまうと、ウインドウを移動することができないのでその他のウインドウが隠れてしまう。
これは、ドラッグしているマウスカーソルが、画面の端に来ると自動的に、最大化されるようだ。

この機能は、いらない、無効にする方法を探しました。
AeroSnapという機能らしい。Vistaには、こんな機能はなかったはず。

無効にする方法は、これ
コントロールパネルを開く。
「システムとセキュリティ」→「コンピューターの簡単操作」→「マウス動作の変更」を選択。
[マウスを使いやすくします]をクリックする。
「ウィンドウの管理を簡単にします」セクションにある「ウィンドウが画面の端に移動されたときに自動的に整列されないようにします」をチェックしたのち、OKまたは適用ボタンクリック。

20090916_0034_as_cp4.jpg
posted by デジテク at 16:32| Comment(0) | コンピュータ

2009年11月15日

Windows7ファイル共有

Windows7が出ましたので、LAN接続でよく使うファイル共有をしてみました。

フォルダを共有にしても、他のパソコンから見るには、以下の設定が必要なようです。
image1.gifコントロールパネルで、共有の設定を行います


image2.gif赤丸のところにチェックを入れてください


image3.gifパスワードを保護の共有を無効にすることで、パスワードを聞かれることもなく、他のパソコンの共有フォルダを見れます。
共有される側のフォルダは、もちろん共有にして公開してください
posted by デジテク at 17:23| Comment(0) | コンピュータ

2009年11月03日

Windowsのブートを編集

Windows7も登場し、Vistaより評判はよさそうですね。

1台のコンピュータに複数のWIndowsをインスツールするマニアもいると思います。

XPの時代のから、Vista、7では、起動パーティションの管理が異なっています。

XPでは、boot.iniのテキストファイルを編集すればよかったのですが、Vistaでは、このファイルはありません

編集するには、bcdedit.exeを使用します。
なお、このコマンドは、管理者モードでコマンドプロンプトから実行する必要があります。

管理者モードでコマンドプロンプトは、メニューからコマンドプロンプトのアイコンで、右クリック「管理者として実行」です






posted by デジテク at 14:01| Comment(0) | コンピュータ

2009年05月26日

コンセントを抜いて1分待て

最近の障害事例

地デジのチャンネル設定をしたけれど、TVが映らない。
チャンネルが設定されていないよう。

メーカー(NEC)に問い合わせたところ、
コンピュータをシャットダウンして、コンセントを抜いて1分待ってください。
そして、起動時のBIOSの画面でデフォルト設定にして保存。
WINdowsを起動してくださいとのこと。
言われたとおりにやってみました。
あらふしぎ、地デジが映った。

多分、コンセントを抜かないとリセットが効かない、パーツがあるようです。
それも1分待つということに意味があるようで、
電源の瞬断では、バックアップされるようで、1分まってリセットされると思われます。

悩んでいる方、お試しあれ
posted by デジテク at 07:45| Comment(0) | コンピュータ

2008年10月05日

熱暴走によるリセット

コンピュータを手入れせずに使っていると、熱暴走する可能性があります。

コンピュータの心臓部CPUには、冷却用のファインがあります。
このファンが止まったり、ほこり等による目詰まりで冷却が不十分になると、コンピュータがリセットしたり、コンピュータからピーという警告音が出たする場合があります。

数年たって、コンピュータがリセットがかかるようになった場合、ほこりで、冷却ファンが目詰まりして知る可能性があります。

コンピュータを長く使うためにも、お手入れは忘れずに。
posted by デジテク at 09:59| Comment(0) | コンピュータ

2008年10月01日

仮想化の時代

現在、コンピュータの進化は著しく、高速なCPU、大量の記憶領域をもったハードディスク、OSの64ビット化など進化しています。

今までのサーバーを、最新のサーバーに置き換えることによって、処理能力は格段にアップし、処理能力が余っている状況にもなります。
CO2排出削減などで、省エネルギーが推進され、努力している企業はそれをPRするようにもなっています。

コンピュータも2代のサーバーを1代にまとめることができれば、省エネルギーになるでしょう。
これを実現する手法として、仮想化が進んできています。

これは、1台のコンピュータを2台以上に見せる技術であり、さまざまなメリットがあります。
省エネルギーや、システムの柔軟性を高めることができるようになります。

サーバーを複数台、自社で運用されている方は、是非検討してください



posted by デジテク at 10:13| Comment(0) | コンピュータ

2008年07月01日

東かがわ市バナー広告効果レポート

東かがわ市バナー広告効果レポート(2008年6月)

弊社(デジテク)のバナー広告の測定結果をお知らせします。
バナー広告の参考にしてください。

○アクセスログ(GoogleAnalyticsより)解析
higashikagawa.jpからのリンクでのみ集計
セッション数:79回
滞在時間:35秒

正確なバナークリック数はアクセスログからは判断できませんが、ほぼセッション数と等しいものと思われます。
つまり、1ヶ月で79回クリックして、ホームページを参照してもらったこととなります。

広告効果の試算しますと、バナー広告を、クリックで、広告主のサイトを見た場合、これをダイレクトメール(以後、DMと記載)1通分にあたいすると判断できます。
また、DMで無作為に、送っても効果はなく、そのまま開封せずに、ごみ箱へという場合もあります。 クリック操作は、この広告に関心をもった方によるものになりますので、DMを開封した状態と同じと考えることもできますので、より効果的ということが判断できます。

ダイレクトメールは、1通、最低80円郵送料必要です。

それでクリック数で費用を計算すると、
79*80円=6320円
となります

バナー広告費:1ヶ月5000円
なので、十分な効果があったと想定されます。

そのうえ、バナーを表示しているインプレッション効果は含まれていませんので、さらに価値が上がるものと考えられます。
また、リンク先のホームページの内容は、随時更新可能なので、他の媒体と違いタイムリーな広告を掲載できます。

バナーのリンクページから、参照者がどのページを見たかも解析できます。
about.htm index.htmが次に見たページとなります。
やはり、会社情報を見るようですね

posted by デジテク at 16:14| Comment(0) | コンピュータ

2008年03月23日

コンピュータが遅くなったと思う方へ

コンピュータが遅くなったと思う方へ

マイクロソフトから、スパイウェアをチェックするWindowsDefenderというソフトをインスツールした記憶はありませんか?

これは、無償で利用できるためインスツールされた方も多いと思います。
このソフトが定期的に、ファイルをスキャンしている可能性があります。

なにもしている覚えがないのに、ハードディスクが動いている泳がしている場合は、ご確認ください。

この定期的なスキャンを停止することで、CPUの負荷がさがります。
このスキャンのスケジュールを、使用していない時間帯にしておいてもいいです。

タスクマネージャーでCPUの使用状況で、msmpeng.exeがある場合は、これが原因です




posted by デジテク at 16:32| Comment(0) | コンピュータ